now-check

早漏を改善するためには遅漏になればいい
と考える人が少なくありませんが、そう簡単に射精時間を遅くすることはできません。

早漏の人が憧れる「遅漏」ですが、遅漏には別の問題があります。

遅漏になると、いつまでたっても射精しないわけですから、必然的にセックスの時間が
長引きますし、挿入時間が長引くと女性にとっては快楽どころか苦痛になりかねません
のでセックスレスになりかねません。

そこで、AV男優のスパーキー佐藤さんが推奨するのが「射精コントロール」です。

好きなときに射精するというものですが、これができるのは早漏の人だけです。
普通の人や遅漏の人は射精したいと思っても、すぐに出すことはできないからです。

射精コントロールは早漏の人だけが実践できる優位点といってもいいでしょう。

しかし、挿入した途端に射精するような早漏の人が射精コントロールなんてできるわけ
がないと思っていませんか?

ピストン運動の最中に、セックスの快楽以外のことを考えていたり、呼吸で興奮しない
ように調整すると言った方法を試したことがあるかもしれませんが、なかなか成功する
ことができなかったのではないかと思います。

PC筋を鍛えても、せいぜい数十秒程度の改善効果しか期待できません。

スパーキー佐藤さんは、これらの早漏改善効果が期待できない方法ではなく、根本的に
射精コントロールを習得できる手法
を開発しています。

シンプルな方法ですし、修行のような苦しい思いをする必要もありません。

マスターするまでに平均1週間、長くても4週間程度あれば十分ですし、その後は射精
したいタイミングで出せるようになりますので、10分、20分と女性の反応を見ながら
互いに最高潮のオーガズムに達した時点で射精できる
ようになります。

s-check2-1