now-check

仕事が忙しすぎて、恋愛どころか男性と出会う機会も確保できないといった状況が続いて
いると、恋人ができないまま年齢だけが増えていくという悪循環が続きます。

そこそこ仕事を楽しんで、男性との出会いを作って結婚していく人達が羨ましいと感じた
こともあるかもしれませんね。

会社の同期や学校での同級生、後輩などで既婚者が増えていく中で、自分だけ独身年増女
となってくると、思わず焦ってくるのではないでしょうか?

しかし、あなたも男であれば誰でもいいとは思っていないですよね。

結婚相談所などで条件を満たした男性と、ろくに付き合わずに結婚したのはいいけれど、
やっぱり自分には合わなかったと後悔して離婚するケースは少なくありません。

特に妥協を重ねて結婚したケースに多いですし、高卒男のフリーターと大卒女のキャリア
では日常生活や会話の内容が合わないというギャップが「性格の不一致」という離婚原因
のトップをしめる結果になるわけです。

そこで、将来の生活設計はもちろんのこと、性格面でのギャップを小さくするという意味
からもエリート層を狙うというのは悪くない選択です。

国交省が出す「国土交通白書」では、「結婚・子育てに関する動向」という項目で年収と
未婚・既婚との比較をの調査結果を公表していますが、年収1000万円以上のエリート層
のうち70%強が未婚者、恋人がいない完全フリーの男性が44.2%
となっています。

この中には、仕事が忙しすぎて恋愛をしている暇がないという男性も少なくありませんが
あなたと同じように結婚したいという気持ちがあっても、金が目当てで近づく女性が多い
ことから警戒心が強い男性
も少なくありません。

常にまわりに女性が数多くいるので、女遊びは楽しめるけど、結婚相手としては不適切な
女性だらけといったケースが意外と多いのです。

そこで、エリート層が求めている結婚相手として適切な女性になるためには、どのような
点に気をつければいいのでしょうか?

恋愛引き寄せ体質プロデューサーの佐々木由起さんは、あなたが「恋愛引き寄せ体質」に
なった上で、エリート層を引きつける「愛されオーラ色」を身につけて、虜になるように
仕向ければいい
とアドバイスします。

この「年収1000万円の男性と結婚する法則」を身につければいいわけです。

アラフォーだったとしても諦める必要はありません。
同年代や年上を希望するのであれば40代、50代の未婚男性も数多く見つけられますし、
30代以下のヤングエグゼクティブやオーナーを狙うことも可能です。

s-check2-1