now-check

緊縛と言うと、全身や体の一部分を荒縄や麻縄などできつく縛るというイメージですね。
猿ぐつわや目隠し、浣腸、バイブやディルドなどを併用することもあります。

裸体の女性を縄で縛り付けるのが一般的ですが、着衣の上に縛り付けたり、裸体の上から
縛り付けた上で衣装を身に着けて、傍目には緊縛されているようには見えないようにする
と言った具合に、さまざまなバリエーションが存在します。

また、室内や人目のない屋外で緊縛するケースもあれば、緊縛の状態で人目につきそうな
ところを歩かせたり、裸体に緊縛して服を着せた後に繁華街を歩かせたり、公共交通機関
等を利用させたりという具合に羞恥心を煽るプレイもあります。

この場合は、警察官などに見つかれば、わいせつに関する犯罪で逮捕されかねませんので
エロ本やAVだけの世界にしておいたほうがいいでしょうね。

そんなマニアックな知識は自分には必要ない
と思っているかもしれませんね。

しかし、千葉曳三・雪村春樹という緊縛界の大御所から縛り方の指導を受けたという緊縛
師の荊子さんは、全身をギチギチにロープで締め上げる本格的な緊縛を素人が真似をする
と、体内の血液循環が不十分になって壊死やショック死を引き起こしたり、骨折など肉体
を痛める危険があると警告をしますが、雰囲気的な軽めの緊縛であれば「優しさの表現
だとして有効活用できると言います。

緊縛と言っても全身や上半身、股間などを縛り上げるだけでなく、拘束感が出ればいいの
ですから、手足だけを縛って動きづらくしたり、後ろ手に縛って目隠しをした上で俯せや
仰向けのまま放置するだけでも十分に緊縛の雰囲気は味わえるものです。

倦怠期やワンパターンなセックスに飽き飽きしている時に使うと効果的です。
裸が嫌なら、着衣の状態のままで縛ってみるのも効果的です。

そこで、全くの素人でも簡単に実践できる、怪我の心配が極めて少ない緊縛の仕方を荊子
さんが動画で教える「緊縛マスター講座」が公開されています。

合計68分の動画で、緊縛の技術だけでなく、緊縛しやすい雰囲気作りなども学べます。
文章や写真、画像だけだとわかりにくい縛り方の手順が動画だと簡単に理解できます。

繰り返し何度でも再生できますので、緊縛教室で教わっても十分にマスターできなかった
という人でも役立ちます。

s-check2-1