linemaster

now-check

ナンパや合コン、パーティーなどで出会った女性との連絡先交換で、かつては主流だった
メールアドレスの代わりにLINEアカウントを渡される機会が増えてきました。

あなたもスマホやパソコンなどでLINEを使っているとは思いますが、早速メッセージを
送信しても全く返事も返ってこなければ、既読スルーで全く読まれなかった
という経験を
したことがあるかもしれません。

返信がないのはもちろんのこと、既読スルーは地味にダメージを受けますよね。
いつの間にかブロックされていたという場合もあったかもしれません。

恋活コンサルタントの横山建さんはLINEの文章に問題があるために既読スルーされる場合
が多いと指摘します。

逆に言えば、社交辞令で連絡先のLINEアカウントを渡しただけの女性でも、メッセージ
の内容次第で、あなたに興味や感心をもたせることは十分に可能
だというわけです。

どのようなメッセージのやりとりをすれば、相手の女性が興味をもつのでしょうか?

普通に考えればわかると思いますが、男女で雑談をしているだけで誰かに恋愛感情や興味
をもつことは極めて少ないですよね。
せいぜい、この人は相性があわなさそうだとか、何となく良いことを言っていそうなどと
いった雰囲気を感じる程度でしょう。

必死になって口説こうとしても、なかなか成功しないことは珍しくありません。

対面での会話で失敗することがLINEにすれば成功するなどといった夢物語はありません
ので注意が必要です。

また、一方的にマシンガンのように話し続けられると嫌で仕方がないと思いますが、沈黙
したら嫌われるのではないかと勘違いして話し続けて逆に嫌われると思い込んで失敗する
ケースは意外に多いものです。

LINEでも同じであって、一方的に長文のメッセージを大量に送信されたら、スパムが来た
のかと相手は感じますし、まともに読む気もなくブロックして終わり
でしょう。

文章の内容はもちろんのこと、頻度や長さも重要なポイントなのです。

横山さんの恋愛LINEマスター養成講座では、これらの間違ったLINEの使い方でせっかく
のチャンスを潰さないようにするためのポイントはもちろんのこと、個々のケースに対応
できるように個別添削サービスが用意されているのがうれしいですね。

s-check2-1