kairakugenkai

now-check

覚醒剤や麻薬には依存症が見られるのは有名な話ですが、その原因としてあげられるのが
服用中に感じられる強烈な快感です。

平常時の精神状態を1とした場合、満腹感を感じて幸せな気持ちになっている状態で1.5、
通常のセックスでのオーガズムは2、タバコのニコチンは2.2である一方、覚せい剤は10
という極めてハイレベルの快楽
を味わえるのです。

麻薬や覚醒剤を使い出すと、この強烈な快楽を求めて常用していくケースが多いわけです
が、このレベルの快楽を続けると失神したり、日常生活に支障をきたすようになることは
既に知っていると思います。依存症で苦しむ人たちの話を聞けば離脱することの難しさを
実感できるのではないでしょうか。

この覚醒剤レベルの快楽をセックスで与えられるというのが、AV男優の桜木駿さんが20
年をかけて編み出したという「限界快楽アルゴリズム」です。

限界快楽アルゴリズムを実践すると、覚醒剤を超える「11」という強烈な快楽を女性に
与えることが可能となりますし、人間が耐えられる限界値に近いことから、女性が失神を
したり、中毒患者と同じように意味不明な言動を一時的に行う場合もあるほど強力な効果
が得られる
わけです。

一般論として、男性がセックスで快感を感じるピークは射精するタイミングで、その後は
「賢者タイム」となって一気に下降線をたどる一方で、女性はセックスの最中だけでなく
終わってからもオーガズムが続くわけですが、そのピークを2から11まで高めるのが限界
快楽アルゴリズムです。

セックス相手の女性が不感症だったとしても全く心配ありません。

不感症の原因の大半は体に問題があるわけではなく、恥ずかしいとかみっともないという
教育などを女性が受けてきたことが影響で、オーガズムに達することを潜在意識レベルで
邪魔しているのが原因です。

限界快楽アルゴリズムは、身体面よりも精神的なブロックを外すことを先に行いますから
たとえ今まで通りに前戯やセックスをしたとしても、女性が感じる快感は全く違います。

限界快楽アルゴリズムで学んだ方法を実践すれば、不感症の女性がいきなり10は難しい
としても2よりは大きな快感を味わいますし、セックスの回数が増えてくるごとに3、4と
感度が上がりますから、最終的には11まで到達できる
というわけです。

限界快楽アルゴリズムを学んで実践するのは簡単です。

セックスが怖いという理由で童貞を続けてきた35歳会社員でも、2時間でマスターした後
に失神間際まで快感を与えることに成功
しています。

限界快楽アルゴリズムは桜木さんがマンツーマンで教えられないことから説明を充実した
結果、2時間を大幅に超える216分の動画になりました。
内容面では変わらないどころか、更に充実しています。

s-check2-1