rikonkaihi

now-check

離婚件数は1960年代から右肩上がりで増加し続けて、2002年にピークとなり、その後は
人口減少に合わせて減少していますが、家庭裁判所で行われる離婚調停の件数は年6万件
程度で横ばい状態が続いています。

その中で、離婚調停が成立して離婚したのは3万件、離婚裁判になったのが1万件となって
おり、残りの2万件は離婚調停を取りやめて婚姻関係を維持するという選択をしています。

司法書士で現在はプロ心理カウンセラーの桑島隆二さんは、多くの離婚相談を受けてきた
といいますが、離婚を回避するために最適な方法としては、実際に離婚を回避できた人が
実践してきたことを真似すればいい
と指摘します。

離婚になりかけた事情は、個々のケースで違うのだから真似ができるわけがないと思った
かもしれませんが、桑島さんは数多くの相談を受けてきた中で、毎回同じパターンの繰り
返しであることにウンザリしたことも少なくなかった
と振り返ります。

その後、同じようなアドバイスをして離婚回避に成功したという実績が積み重なっている
ことから、あなたのケースにおいても成功する可能性が高いのです。

桑島さんが離婚回避についての相談を受けた時は、5時間かけて「同じこと」を説明する
といいますが、その内容をマニュアルとして配布すれば、多くの人に役立つと考えた桑島
さんが公開したのが「妻に許してもらい離婚を回避する方法」です。

すでに離婚回避を求める人たち1000名以上が手に入れています。

夫婦喧嘩で離婚という言葉が出始めた状態から、離婚交渉や離婚調停に入っていたとして
も回避できることが可能であることがわかります。

もちろん、機械的にこの方法さえ実践すれば、離婚が回避できるといった単純なものでは
ありませんが、あなたが夫婦関係を修復したいと思っていても、何をすればいいのか全く
見当もつかないという際には役立つことは言うまでもありません。

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」には1年間のメールサポートもついています。

同じパターンで解決できるといっても、個人では悩むことも多いでしょう。
相談できる相手がいないと不安ですから、メールサポートは貴重な機会といえます。

s-check2-1